特徴

設計思想

全棟注文住宅、 ぶれない設計思想。

住研ハウスの住まいは、すべてオーダーメイド。お客様のニーズにきめ細かく対応します。そんな住研ハウスの住宅思想は「明るい、暖かい、安心施工」。毎日が快適であることは当たり前。火事や地震などの災害から家族を守り、財産としての価値も高めます。健康や省エネの考えを取り入れ、快適で安心の住まいを提供しています。
ツーバイフォー工法

「六面体」で支える強固な面構造

ツーバイフォー住宅は、「柱」で支えるのではなく、床・壁・屋根が一体化した「六面体」で支える強固な面構造となっています。木の軽さと強さに、ツーバイフォーの面構造が相乗効果をもたらし、地震や台風など日本ならではの自然災害に対応できる高性能を実現します。
基礎スラブ一体工法

建物の強度は、まず土台の安定から。

住研ハウスでは、土間コンクリートスラブと布基礎を鉄筋でつなぎ、コンクリートを一体で打設することにより、後打ち工法(布基礎の次に土間コンクリート)と比べ、打ち継ぎからの湧水や不同沈下による基礎破断の危険性を低減しています。
完成した基礎は、コンクリート製の箱を地面においたのと同じような状態になり、安定性が増し、より理想的な基礎となります。
ハイブリッドEX断熱工法

より快適な温熱環境を実現。

外周壁2×6仕様プラス外張断熱が生む、優れた断熱性能。同時〈基礎断熱+基礎スラブ一体工法〉採用。2×4材の外周壁に比べて、充填断熱材を50mm多い、140mmも充填でき、最高レベルの省エネ性能を実現します。