今度の休みは、博物館へ行こう!

日本で唯一のビールの博物館 「サッポロビール博物館」

札幌市東区のサッポロガーデンパーク内にある「サッポロビール博物館」。ここは、日本で唯一のビールに関する博物館です。
サッポロビールの歴史は、北海道開拓の歴史そのもの。
博物館では、ビールの歴史や原材料、つくり方を知ることができ、お父さんにはうれしい有料テイスティングもあります。
また、サッポロガーデンパークには、サッポロビール園やアリオ札幌などもあるので、家族みんなで楽しむことができます。

サッポロビール博物館


写真撮影:諏訪写真事務所 諏訪智也
http://www.swatt.jp

サッポロビール博物館がある サッポロガーデンパーク。

 おいしいジンギスカンとビールが楽しめるスポットとして、地元の人はもちろん、観光客にも大人気の「サッポロビール園」。そのビール園があるエリア一帯のことを「サッポロガーデンパーク」と言うのをご存知ですか?サッポロガーデンパークには、サッポロビール園、ガーデングリル、アリオ札幌、北海道日本ハムファイターズ屋内練習場、そして今回紹介するサッポロビール博物館があります。毎年7月に、サッポロガーデンパークとサッポロファクトリーで「道産子感謝Day」が開催されています。恒例の北海道グルメバザールでは、道内各市町村からおいしい逸品が勢ぞろい。特産品販売やステージイベントなどもあるので、遊びに行ったことがある人も多いのではないでしょうか。

高い煙突と赤い星マーク。 明治の面影を残す博物館。

 「でも、ビール園には何度も行っているけど、ビール博物館なんて、見たことないなぁ…」なんて、思っていませんか?レンガ造りの歴史的建造物の趣を損なわないようにパーク内が調和されているので、逆に気づかないのかもしれません。
 パークの正面ゲートを真っ直ぐ進むと左側に見えてくるレンガ造りの建物、それがサッポロビール博物館です。元は、札幌製糖会社の工場として1890(明治23)年に建設されたもので、1905(明治38)年に、サッポロビールの前身、札幌麦酒の製麦所に改修されました。北海道庁赤レンガとともに明治の面影を残す数少ない貴重な文化遺産は、「札幌苗穂地区の工場・記念館群」の一施設として北海遺産に選定されています。

さっそく博物館見学へ! おススメはガイドツアー付見学。

 博物館見学は無料です。まずは入り口で受付をします。基本的には、自由に見学することができますが、ビールの歴史やビールについて、より詳しく知るために、ガイドツアーに参加することをおススメします。ガイドツアーは、10時40分から20分間隔でスタートしており、1回の案内人数は1人から最大40人まで。なので、タイミングによっては家族だけでガイドさんを貸切にすることもあるかも?
 大きなエレベーターで3階へ。ここでは、北海道におけるビールづくりの歴史、それにかかわってきた人々について知ることができます。また、日本のビール産業の系譜がわかりやすい年表で示されているので、ビール好きのお父さんは、これをちょっと覚えておくと、ビールを飲む時のうんちくも語れるようになるかもしれません。そして、昔のビール工場やビールがどのようにしてつくられているのかも模型で展示。精巧なつくりなので、見応えがあります。また、ビールの原料も紹介しています。ホップの香りをかぐこともでき、五感で楽しむことができます。

巨大な「銅釜」が出現。 さて、これで缶ビール何本分?

 ガイドさんの案内について、ゆるやかなスロープを下りていくと、そこにあるのは巨大な「銅釜」。これは、札幌工場で使用していたビール仕込み用の銅釜で、2011(平成23)年度重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)として北海道で始めて登録されたもの。迫力満点の大きさに、これで一体、どれくらいのビールができるんだろう?と誰もが思うはず。この銅釜でできる缶ビールの本数は?その答えは、ガイドツアーで教えてくれるので、答え合わせはぜひ、博物館で。

黒ラベルの歴史と サッポロビールの歴代ポスター。

 巨大な銅釜の次は、黒ラベルでお馴染みの「サッポロ生ビール黒ラベル」の歴史コーナーへ。黒ラベルは、最初は商品名ではなく、ビール好きのお客さんたちが名付けた愛称だったって、ご存知でしょうか?普段、お父さんが何気なく飲んでいる黒ラベルも、歴史を知れば、よりいっそうおいしさが増すかもしれませんよ。
 そして、歴代ポスターコーナーは、きっと「懐かしい!」「これ知ってる!」と盛り上がること間違いなし。今ならきっと、流行語大賞にもなっただろう名キャッチコピーや日本を代表する俳優や女優、アイドルなど、時代を反映したポスターがズラリと並ぶ様は、これぞ博物館!です。

缶ビールのおいしい注ぎ方。 それは3度注ぎ。

 ポスターコーナーの手前で、ガイドさんによる「缶ビールのおいしい注ぎ方」実演が行われます。この実演は、博物館見学の目玉の一つ。グラスの温度、缶からの注ぎ方、泡を立てる理由などを知ると、家に帰ったら間違いなく試したくなります。
 このあたりまで来ると、ビール好きは「そろそろビールが飲みたくなってきた!」と心の中で思うはず。
 最後は1階の「テイスティングラウンジ」です。ビールの歴史や原材料、おいしい注ぎ方など、博物館でビールに関するあれこれを学んできたお父さん、お疲れ様でした。ここでは有料で、サッポロクラシック、黒ラベル、開拓使麦酒の試飲ができます。もちろん、ビール以外のドリンクもあるので、子供たちもゆっくり休憩できます。また、ビールに関するグッズ販売コーナーもあり、博物館見学の記念に、お土産を買うこともできます。

サッポロビール博物館が、 家づくりのヒントになるかも。

 サッポロビール博物館は、高い天井、レンガの壁など、歴史的建造物なだけに、建物そのものも見応えが十分にあります。これから家づくりを考えている人には、何かのヒントになるかもしれませんよ。

ビールのおいしい注ぎ方 「3度注ぎ」。

サッポロビール博物館

http://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/

●所在地/札幌市東区北7条東9丁目1-1 
 サッポロガーデンパーク内
●TEL/011-748-1876
●開館時間/10:30~18:30(入館は18:00まで)
●入場料/無料


●ガイドツアーについて/10:40~17:20
・20分間隔でスタートしています。
・希望の方は、事前に申し込んでください。
・案内人数:1名~40名まで
(40名以上の場合は応相談)
・所要時間:約30分
・定員に達した場合は自由見学となります。
●休館日/月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始、特別休館日