エポックホームの家づくり

「J・エポックホーム事業部」は、欧米と比較し約30%高価格といわれる住宅を提供していた住宅産業を改革し、これからの時代(エポック)のあるべき姿を考え、「日本の住宅に新しい時代を」をいう理念のもと、徹底的なクオリティとハイコストパフォーマンス、そして何よりも大事な一人ひとりのスタイルにフィットする、高品質の木造住宅を提供します。
家づくり
檜葉(ひば)の家
001エポックホームでは土台・柱に米檜葉集成材を標準で使用。
檜葉は水湿に強く防腐効果が抜群。また、シロアリを寄せ付けません。
その檜葉を使った半永久的な耐久性を持つ集成材を利用。
集成材は、一般的に無垢材の1.5倍の曲げ強度が得られ、狂いが少ないのが特徴です。
技術・工法
Jエポック工法
002●無垢材の1.5倍の強度を誇る構造用集成材を使用
●一般の木造住宅では行わない構造計算 を全棟実施
●建物を構成する全ての分材について、地震力・風圧力の検討を行う
●高精度な一体成形金物を使用
●圧倒的防錆性能:ジオメット処理
●金物工法でボルトを使わない唯一のノンボルト工法
●引き抜き耐力は2倍以上の耐力を発揮
●Jエポック工法は、もっとも断面欠損が少ない工法です。
●高精度プレカット
●J・エポック工法では1m間隔で梁を掛けます。
●床は28ミリの厚合板を採用。建物全体を箱状にし、強い耐震力を発揮します。
アフター保証
東日本ハウスによる構造躯体30年保証システム
10年目点検時に必要な有料メンテナンス工事を実施していただいた上で、さらに10年毎保証を延長する構造躯体30年保証制度を採用しています。