住宅展示場の賢い使い方。

住宅展示場は、家づくりに関するさまざまな情報や知識が詰まった情報ステーション。

1会場で複数社のモデルハウスが見学てきるなどメリットも満載です。
そこで、せっかく行くのだから、住宅展示場をより上手に活用し、夢のマイホーム実現のために賢く利用するポイントを紹介します。

住宅展示場は、家づくりに関するさまざまな情報や知識が詰まった情報ステーション。

複数社のハウスメーカーのモデルハウス(一戸建て)が、一か所に集まって展示されているところを一般的に「住宅展示場」と言います。ハウスメーカーにとっては、自社の最新技術やテクノロジー、デザイン力やプラン提案力、家づくりの考え方などをお披露目する発表会のような場です。

住宅展示場に行く前に。

 家はずっと先の話、、初めて行くという方は、難しいことは考えず、テーマパーク感覚で行ってみましょう。身近にはどんなハウスメーカーがあるのか、家の外観(和風、洋風、モダンなど)はどれが好きか、家族でワイワイ楽しんでください。体験することで、少しずつイメージがわいてくるはずです。
 ある程度イメージができている方は、予めハウスメーカーのHPや住宅雑誌などで、軽く予習していくと、より充実した見学になります。さらに、具体的な家づくりを検討している方は、持っている土地情報や予算、建てたい家のイメージなどをまとめていくとよいでしょう。

展示場は何回でも見学OK!


住宅展示場は、1度見学したら終わりではなく、何回でも見学が可能。1日で1会場全棟見学するのは、実は結構大変です。小分けに何度も見学するというのも一つの方法です。 札幌市内には、住宅展示場が何カ所もあります。各ハウスメーカーは、各展示場でテーマを持ってモデルハウスを公開しているので、同じハウスメーカーでも、A展示場では和風、B展示場では洋風、C展示場では二世帯住宅提案など、異なるテーマを見ることができます。複数の展示場を回りながら、一社のハウスメーカーを、じっくり見比べ、体感できるのも住宅展示場の魅力です。

インフォメーションハウスを 上手に活用。


 モデルハウスの見学ルートに決まりはありませんが、まずは、展示場にあるインフォメーションハウス(総合案内所)へ行くことをおすすめします。インフォメーションハウスには、展示場全体の案内図などが置いてあるので、それらを参考に会場を回ると、より効率よく見学することができます。また、トイレ、自動販売機などもあり、休憩しながら利用できます。

家の種類を知る。


モデルハウスでは、各ハウスメーカーの「工法」もチェックしましょう。工法はそれぞれ特徴が異なります。
【主な工法】
 ●在来工法(木造軸組工法)
 ●2×4(ツーバイフォー)工法
 ●軽量鉄骨造
 ●プレハブ工法
 ●鉄筋コンクリート造
【標準装備とオプション】
 モデルハウスは、豪華さに目を奪われてしまいがちですが、何が標準装備で何がオプションなのか、スタッフに確認しましょう。当然ですが、オプションが増えれば増えるほど実際に家を建てる時の費用はふくらみます。

設備に触れて、体験してみる。


モデルハウスの一番のメリットは体感できること、それを存分に活用しましょう。ドアを開けたり閉めたり、キッチンに立った時の流し台の高さや収納棚の高さを自ら確認したりなど、実際に自分たちが使うことをイメージします。また、壁紙や床材、タイルなどは、サンプルでも見ることはできますが、実際の住空間で使うイメージがしづらいので、大きな壁面や床に施工した色の雰囲気や質感を確かめてみましょう。

営業マンとの上手な付き合い方。

 未だ具体的な予定がない場合や、将来のための勉強や情報収取のための見学であれば、最初にその旨を伝えましょう。営業マンが嫌だからと言って、無視するのはマナー違反です。モデルハウス常駐のスタッフは、モデルハウスやその特徴を誰よりも詳しく知っているプロです。わからないこと、疑問点があれば、気軽にどんどん尋ねてみましょう。